スポンサードリンク

しじみがアンチエイジングにも効果を発揮する?

 

アンチエイジング効果

しじみのアミノ酸は、その内容がとてもよく速やかに体内に取り込まれて効果を発揮するので、アンチエイジングとして役立つのです。年齢を重ねると、体内のアミノ酸が不足しがちになるため、老化現象が引き起こされます。しじみに含まれている豊富なアミノ酸が、若々しい素肌作りに役立ちます

 

しじみのアンチエイジング効果

 

しじみに含まれるアミノ酸は、体内に取り込まれると肝臓を介して全身に運ばれ、細胞を修復したり、筋肉や内臓などの生成材料として使われます。アミノ酸の中でも、オルニチンという成分がアンチェイジングにとても重要です。

 

ポリアミンのアンチエイジング効果

体内にて成長因子として働き、細胞分やタンパク合成などを行い、人の成長に深く関わっています。人間の母乳などに含まれているのが有名です。

 

しじみには、このポリアミンの生成の元となる、オルニチンというアミノ酸が豊富に含まれており、間接的ですがポリアミンの数を増やすことができるため、体内での細胞分裂や代謝が活発になりアンチエイジングに効果を発揮しているのです。

 

関連記事しじみに含まれる「オルニチン」の効果|疲労軽減・美容効果

摂取するタイミング

 

睡眠

しじみの、アンチエイジング効果を最大限に生かす為には、細胞の修復が行われる夜間に摂取することが有効です。人間は、寝ている間に成長ホルモンを分泌して、細胞分裂を促したり、炎症部位、変性部位などの修復を行っているため夜に摂取することを勧めます。

 

就寝時間は、できるだけ夜の10時から深夜2時までの間には、ぐっすりと眠っているようにしてください。

 

しじみを摂取する際の注意点

しじみは、アンチエイジングに有効ですが、摂取していれば永遠の若さを維持できるという魔法のようなものではありませんし、沢山摂取すればそれだけ効果が高くなるというものでもありません。あくまでも、科学的にアンチエイジングに効果があるとされているだけで、実際にヒトが摂取してどの程度アンチエイジング効果があるのかという研究結果は、存在しません。

 

しじみは、「アンチエイジングの効果が多少ある程度の認識で付き合っていく」ということが求められます。また、アミノ酸はあまり多くなりすぎると、それをろ過して排出する肝臓や腎臓の負担を増やしてしまいます。食事は、バランスが大事ということを前提に置き、偏った食事をしないことや、サプリメントなどで大量に摂取しないように心がけます。

まとめ

しじみをアンチエイジングとして利用するには、しじみの内容がとても大事になります。例えば、輸入品で中身がスカスカのしじみなどを食べても効果が期待できないばかりか、逆に健康被害をもたらすことも懸念されますが、日本産の中身がしっかり詰まったものを摂取すると、想像以上の効果を得ることも期待できるでしょう。

 

摂取する際には、十分産地と中身の充実性を意識することをおすすめします。

スポンサードリンク