スポンサードリンク

しじみを食べると目が良くなるのは本当?

 

目に良い理由を説明する人

しじみが目にいいとされている理由としては、しじみに含まれている栄養素である、各種ビタミンやアミノ酸が肝臓の働きを助けることにより、肝臓の機能を向上させるというのがあります。肝臓の機能と目が関係しているのかといいますと、昔から漢方の分野では、「肝と目は関係性が深い」とされており、目の疾患がある時には肝を治す事により、改善されていたという歴史があるからです。

 

事実、私自身店頭でも慢性的な目の疾患に対して、肝臓の働きを助ける様な、漢方薬やサプリメントをおすすめすることにより、目の症状が緩和するということを何度も経験しています。

しじみの栄養成分について

 

しじみの栄養成分のうちアミノ酸として、必須アミノ酸がバランスよく含まれているのが特徴的です。特に有名なのがオルニチンです。これらの成分が、バランスよく豊富に含まれていることにより、しじみには栄養素が多いとされている所以となっています。

  • カルシウム
  • 鉄分
  • ビタミンA
  • ビタミンB2
  • ビタミンB12
  • アミノ酸
  • グリコーゲン
  • コハク酸

しじみを摂取するタイミング

 

しじみに含まれるオルニチンというアミノ酸には、成長ホルモンの分泌を促すという働きがあることが分かっています。成長ホルモンは、寝ている時に分泌されるホルモンであり、その働きの一つとして、「傷ついた細胞を修復する」という働きがあります。この修復力を最大限に生かす為には、しじみは夜摂取するというのが一番理想的だと考えられます。

 

しじみ摂取の注意点

しじみの味噌汁

しじみが体にいいからといって、味噌汁などで日に何度も食べるというのは、塩分の摂りすぎなどのデメリットが考えられるので、あまりおすすめ出来ません。よって、味噌汁で摂取するのであれば、夜に一度だけ摂取するなどを守るようにします。

 

しじみを摂取したからといって、すぐに目がハッキリしてくるなどの効果が表れる訳ではありません。体の中らかじっくり改善するつもりで取り組む姿勢が大切になります。

 

さいごに

以上のように、しじみはとても体に良く肝臓の働きを助けたり、向上させることにより間接的に目に対して、効果を発揮するというのが答えになります。確実に効果があるのは間違いないことですが、劇的に効くというのではない為に、人によっては効果を感じないという方がいるのも事実です。

 

目の為に摂取する為には、その辺の期待と現実のギャップなども予め埋めておくということも必要になります。

スポンサードリンク