スポンサードリンク

しじみが二日酔いに効果がある?

 

しじみ

二日酔いは、アルコールの分解を担う肝臓が疲れて、それにより毒性の強いアセトアルデヒドやアンモニアなどが蔓延して、不快症状を引き起こします。しじみは、それらの分解排泄能力を高めることが出来るため、二日酔いに効果的だと考えられます。しじみに含まれる有効成分と、摂取タイミングについて見ていきましょう。

しじみに含まれる二日酔いに効果的な成分

 

しじみには二日酔いに効果的だと考えられる様々な栄養成分が含まれています。これらの栄養素をバランスよく摂取できるのが重要なポイントになります。

しじみの主な成分
  • オルニチンを始めとする豊富なアミノ酸
  • タウリン
  • グリコーゲン
  • 各種ビタミン、ミネラル

しじみが二日酔いにいいとされている理由

二日酔いの人

 

しじみがなぜ二日酔いにいいのかといいますと、まず一点目としてオルニチンを始めとする各種アミノ酸による効果が考えられます。肝臓の機能として解毒機能があります。アルコールは体内に入ると毒であり、肝臓がそれを無毒化するという働きを担います。

 

更にタンパク質の代謝過程でアンモニアが生成されるのですが、それも体にとっては毒であり、肝臓で分解されて排出されるという仕組みがあります。しじみを摂取すると、各種アミノ酸、タウリン、グリコーゲン、各種ビタミン・ミネラルなどにより毒性物質の分解排出能力が向上します。よって、速やかに二日酔い症状が改善するのです。

 

二日酔い解消のための摂取タイミング
  1. アルコールを摂取する前
  2. アルコールを摂取した後
  3. 二日酔いで気分が優れない時

 

一般的には、「Bの二日酔いになってしまい気分が優れない時」をおすすめしますが、普段よりお酒を飲みすぎていて、肝臓の弱りが感じられる場合には、@〜B全て摂取しておいてもいいかと思います。その時に味噌汁などで摂取する場合には、塩分の取りすぎになることが懸念されるので、薄味で摂ること推奨します。

 

しじみ摂取の注意点

あくまでも、しじみの効果は微々たるものという考えを持ちましょう。しじみの効果を過信して飲みすぎしまうと、効果を感じないばかりか、肝機能を損ねることにもなりかねません。

おわりに

二日酔いに活用するポイント

以上、しじみは確実に二日酔い改善に効果を発揮しますが、元々は飲みすぎが原因なので、その原因を改善することが二日酔いを防ぐと共に、健康維持に対して有効となるということを忘れてはなりません。

 

それをしっかり踏まえた上で、いざという時のためにしじみの効果を頭の片隅に入れておくことが大切です。

スポンサードリンク