スポンサードリンク

しじみと最高に相性のいい味噌汁の効果

 

しじみの味噌汁

しじみに含まれるアラニン、メチオニン、グルタミンが肝臓の解毒作用を高め、味噌汁に含まれるコリンが肝臓に脂肪が沈着するのを抑制します。

 

しじみと味噌汁を併せて摂ることにより、肝臓の機能が低下したことによって起こりやすくなる脂肪肝を抑制することができます。普段よりある程度継続して摂取することによって効果が高まります。

味噌汁による脱水予防効果

 

肝機能を低下させる要因として、アルコールの摂取がありますが、アルコールを飲むと、アルコールの毒素を解毒して、排泄する際に大量の水分が必要になり、体が脱水傾向になりやすくなります。

 

脱水傾向になると、心身の機能が低下しやすくなり、日常生活におけるパフォーマンスが低下するのですが、しじみ味噌汁を飲むことにより、速やかに脱水状態を改善することができます。お酒を飲んだ翌日の朝は、必ずしじみの味噌汁を飲むように心がけことで、心身のパフォーマンスを向上させることができます。

若返りと美肌効果UP!

 

しじみに含まれるオルニチン、アルギニンが成長ホルモンの分泌を高め、味噌汁に含まれている遊離リノール酸や大豆イソフラボン、食物繊維が肌の酸化抑制、腸内環境改善に働くことにより、相乗効果で全身の若返りと美肌効果UPに繋がります。お肌の若返りを希望される方は毎日味噌汁を飲んで、たまにしじみを具材として使うようにするといいでしょう。

 

しじみの栄養成分を味噌汁でもれなくゲット!

 

朝から蜆の味噌汁を飲

しじみを味噌汁でいただくという方法の一番のメリットはといえば、しじみの栄養成分をもれなくゲットできるということです。しじみは、貝類なので消化がそれほどいい食材とはいえません。なので、炒めたり佃煮などでいただくという方法だと、どうしても消化されずに便として排出されがちになってしまいます。

 

味噌汁だと、調理の過程で中に含まれた栄養成分が、汁中に流れ出てくれるので、多少消化が悪くても栄養成分を吸収できるということや、多少煮込まれていることにより、身が柔らかくなり消化が楽になるというメリットにより、しじみの栄養成分をもれなくゲットすることができます。

 

ワンポイント

しじみの味噌汁を作る際におすすめなのが、「冷凍のしじみを使う」ことです。しじみを冷凍させることで、オルニチンという肝臓にいい栄養成分が増えることや、長期保存が可能になるので、毎日少しずつ食べ続けることができるというメリットが生まれます。

スポンサードリンク