スポンサードリンク

しじみの胸焼けを改善する効果とは

 

しじみに含まれているタウリンという成分に胸焼け改善効果があります。タウリンには利胆作用といって、胆汁の分泌を良好にするという作用があります。胆汁は主に口から入ってきた脂質を分解するという効果をもっており、その分泌が滞ると脂質の分解が遅れてしまい胸焼けの原因になることがあります。

 

「脂っこいものを食べると決まって胸焼けがする」という場合はタウリンの摂取によって改善することが考えられるので、しじみの継続的な摂取が望まれます。

 

しじみは肝臓機能を改善する

しじみが胆汁の分泌を促進するのは先ほどご説明しましたが、その胆汁が生成されるのは肝臓という臓器です。この肝臓が弱っていてはいくら胆嚢を刺激しても胆汁は分泌されません。

 

しじみには、胆汁を生成している肝臓の働きを改善するという作用もあります。含有されているオルニチンには肝機能保護、肝臓でのタンパク質合成促進、有害物質であるアンモニアの代謝促進といった肝臓の機能を改善する作用があります。このように、しじみには胸焼けを改善する作用が多方面から期待できるのです。

しじみを摂取するタイミング

 

胸焼け予防としてしじみを摂取する場合には、毎日大量に摂取し続けるのではなく、少しずつお味噌汁やサプリメントなどで無理なく続けるようにします。いくら体にいいものでも大量に摂取してしまうと逆に負担となる場合もあるからです。しじみは成長ホルモン分泌にも関わっているので夜に摂取するようにします。

 

胸焼け改善に必要なこと

胸焼けの多くは、胃酸が食道に逆流することによって生じます。なので、消化の良いものをよく咀嚼して食べるということを心掛けると共に、ストレスをこまめに改善するということを心掛けるようにします。

 

逆流する原因

胃腸の弱り

ストレスによる胃の収縮

胃酸過多

 

特にストレスによるケースが多いので、運動や趣味などをこまめに生活に取り入れると共に、ストレス軽減作用のある漢方薬などを味方につけるようにするといいでしょう。

スポンサードリンク