スポンサードリンク

しじみは産後の疲れにも効く?

しじみには、血液を作る成分となる栄養として、以下の成分がたっぷり含まれています。

  • 各種アミノ酸
  • 鉄分
  • ビタミンB12
  • 亜鉛

 

授乳中の人

これらの含有量は食材の中でもトップクラスです。その栄養素がしじみにはバランスよく含有されており、継続して摂取することにより妊娠出産により消耗した血液を補うことができます。

 

また、乳は血の有余という言葉が漢方の世界にはありますが、出産後の母乳分泌にも血液が大きく関わってきます。食欲旺盛な赤ちゃんの欲求を満たすためには、血液をしっかり増やしておくということが大事になります。

 

しじみで乳腺炎や子宮のお掃除にも

しじみには、タウリンやビタミンEなどが含有されていますが、これら成分は抗酸化、抗炎症作用を有し、産後によくみられる乳腺炎や悪露の癒着といった不快症状を緩和させるのに役立ちます。特にタウリンは全身の血流を促す効果があり、子育てによるストレス軽減にも役立ちます。

その他、産後に役立つ栄養

 

最近、おっぱいに含まれるARA・DHAの量について注目が集まっています。脳の構成物質の一つですが、おっぱいにこれら成分がしっかり含まれる場合と、足りない場合とでは赤ちゃんの知能に差が出てしまうという研究結果が出ています。

 

よって、母乳を与える母親は普段よりARA・DHAを豊富に含む青魚(アジ、サバ、イワシ、鮭など)を摂取するように心がけることが求められます。アメリカなどではARA・DHAをミルクに添加するのがスタンダードとなっています。

 

産後に避けたい食べ物

 

産後に避けたい食べ物

産後に避けたい食べ物としては四本足の動物の脂質です。豚、牛などの脂質は血液中に混ざると塊となり血流を阻害することから、産後の肥立ちを遅らせる原因になる他、ミルクに移行して赤ちゃんの胃腸の働きを悪くするという弊害があります。

 

もちろん、適度に食べる分にはデメリットよりもメリットの方が勝りますが、食べ過ぎには十分注意する必要があるでしょう。

スポンサードリンク