スポンサードリンク

しじみの成分である「タウリン」の効果まとめ

しじみ

血圧やコレステロール値を下げる事で知られてる「タウリン」が、しじみには多く含まれている事を知っていますか?肝臓が悪い時や、お酒を飲んだ後に、しじみ汁がおすすめなのは、この成分が入っているからだと言えます。

 

肝炎や、肝硬変、脂肪肝などの患者さんに、治療としても利用されている「タウリン」は、肝臓が心配な方だけでなく、生活習慣病予備軍の方にもおすすめです。タウリンの効果について解説します。

タウリンの効果まとめ

ドリンク剤でも、よく利用されているタウリンは、中高年の健康維持にもってこいの成分です。

 

タウリンの期待できる効果一覧

    効果を解説

  • 血圧の低下
  • 心臓の働きを強化する
  • 肝臓の解毒作用を強化する
  • コレステロールの低下
  • アルコール障害改善

 

肝臓の解毒作用を高める効果

 

タウリンを補うという事は、肝細胞の壁を強くし、ウィルスやアルコールで傷つくことを防いでくれます。さらに、タウリンは、肝細胞でのATP(アデノシン三リン酸)の合成を高めます。聞きなれない名前ですが、ATPは肝細胞のエネルギーになる物質です。ATPが増えると、肝臓の働きが向上するということですね。

 

血圧を正常に保つ効果

 

タウリンには、交感神経抑制作用があります。食塩のとりすぎが原因で起こる、高血圧が改善され、脳卒中・心臓病・肝臓病などを予防する効果もあります。

 

コレステロール胆石溶解効果

 

タウリンは、肝臓でコレステロールと結びつき、胆汁の中に、コレステロールを排出させます。これが、胆石を防ぎ、コレステロールを低下させる効果です。脂肪肝の予防や改善にもおすすめです。

しじみに含まれるタウリンは遊離アミノ酸

 

タウリンは、タンパク質から遊離して働く事ができる、遊離アミノ酸の一種です。遊離アミノ酸は、体内に存在しているアミノ酸です。タンパク質と合成せず、アミノ酸として活動し、幹細胞の壁を丈夫にする働きがあります。

 

アミノ酸については、こちらをどうぞ

タウリンはしじみ汁でとろう

 

しじみに含まれているタウリンは、水溶性なので、しじみの煮汁に成分は溶け出しています。とある調査機関で調べたところ、しじみを蒸し煮にすると、むき身に含まれるタウリンの30%が煮汁に溶け出したそうです。タウリンを効率よく体に取り入れるには、実を食べることも大切ですが、「煮汁も一緒に」ということです。

 

関連記事しじみと最高に相性のいい味噌汁の効果について

まとめ

 

栄養ドリンクの成分として有名な「タウリン」ですが、魚貝類に含まれています。魚貝類をよく食べる方はいいのですが、肉料理を好んで食べる方は不足しがちな成分なので、サプリなどを利用することをおすすめします。魚などをよく食べている方は、尿で排出されるので、過剰摂取を心配することはありません。

 

スポンサードリンク